レンタル複合機を比較

レンタル複合機やレンタルコピー機を簡単に!無料で比較できる一括見積もりサイト複合機の達人

ご希望の機能や性能などわずか2分の入力で、あなたにピッタリのコピー機を見つけることが出来ます。

レンタル複合機(レンタルコピー機)を比較

レンタル複合機(レンタルコピー機)を一括見積もりで比較できる複合機の達人

建設現場などの仮設事業所やイベント会場などでもコピー機を使用する機会は非常に多くあります。そんな時に便利なのがコピー機または複合機のレンタルです。

コピー機のレンタル短期的や中期的に使用することができますので、無駄なコストをかけずに利用することができます。

またリース契約のように審査などにかかる時間が短いことからすぐにでも導入することができます。

複合機の達人ではレンタルコピー機を取り扱っている会社へ一括で見積もり依頼ができる比較サイトです。

複数のレンタルコピー機会社を比較することで格安。激安のレンタルコピー機が見つかります。もちろん設置や運搬費用なども合わせて比較していただけます。

一括見積もり依頼は無料で行えます。お気軽にご利用ください。

ご利用の流れ

わずか3ステップで格安コピーを導入。

流れ

レンタル複合機(コピー機)取扱い企業多数登録

全国各地の取扱い企業が登録されています。

一括見積もり依頼(リース・販売)
  • 一括見積もり依頼(リース・販売)
  • 一括見積もり依頼(レンタル)

コピー機をレンタルで契約する5つのメリット

企業法人が業務用コピー機を調達する方法として、大きくは「購入」「レンタル」「リース」の3つがあります。企業はこれらの方法を比較検討し、自社にとって最も効率やコストパフォーマンスの良い手段を選ぶことになります。

ですから企業においてコピー機など社内設備の導入を担当する方は、この3つの手法の違いやメリット・デメリット、比較のポイントなどをよく知っておかねばなりません。中でも特に分かりにくいのが、レンタルとリースの違い、それぞれの長所短所ではないでしょうか。

ここでは、コピー機をレンタルで契約・導入することのメリットを、他の手段と比較しながらいくつか挙げていきたいと思います。

◆短期間の利用が可能

他の手段と比較して、コピー機をレンタルすることの大きなメリットは、短期間の利用が可能である点です。

会社業務に欠かせないコピー機ですが、場合によっては、数か月間、数週間といった限られた期間のみコピー機を使いたい、というケースも考えられます。その場合、購入ではもちろん割に合いませんし、リース契約も、比較的長期間の契約が前提となっており、おおむね3年~6年程度とされています。また後述しますが、リース契約は基本的に途中解約ができません。

一方、コピー機をレンタルする場合、その期間は比較的短い場合でも契約可能です。おおむね数日~3年程度と幅広く、お客様の用途目的に合った形でコピー機を導入できます。中には、1日からでもレンタルが可能なレンタル会社もあります。急なイベントなどでコピー機が必要になった場合など重宝するでしょう。

短い期間での利用が可能ということは、コピー機の入れ替えも容易に行えるということです。コピー機を含むOA機器は、便利な機能を備えた新機種が次々と発売されています。レンタルならば、リースのように契約期間に縛られず、機器を入れ替えていくことが可能です。

◆導入費用を安く抑えられる

同じ性能のコピー機なら、少しでも安く設置したい。どの企業様でもそう考えることでしょう。コピー機のレンタル契約では、それが必要な期間だけをピンポイントで契約することが可能です。そのため、長期継続して使用するのでなければ、購入やリースよりもトータルの導入費用は安く抑えられます。これもレンタル契約ならではのメリットの一つです。

もちろん、月額単位で比較するとレンタル料金が割高になりますので、レンタル利用が長期間になると、その間、割高の料金を支払い続けなければならず、トータルとして費用が高くなってしまうこともあります。企業内でのコピー機の利用状況や諸事情を踏まえて、最も費用対効果の高い方法を比較検討してください。

◆契約が簡単

レンタルとの比較ポイントとしてよく挙げられる、コピー機レンタルのメリットは、契約にあたり審査が必要ないことです。

レンタルもリースも共に賃貸借契約(一方がある物の使用・収益を相手方にさせ、相手方がこれに対して賃料を支払う契約)ですが、リース契約では、定められた契約期間中に、リース料を割賦のような形で全額回収することになります。そのため、契約にあたっては金融機関の審査が必要で、契約までの期間や手順もかかります。審査によってリース契約が認められないケースも比較的あるようです。

一方レンタル契約では、そういった審査が不要で、契約後すぐにコピー機を利用できます。「即日使用可」などとうたうレンタル会社もあり、その簡単さはリース契約の比較ではありません。企業直後などの事情で、すぐにでもコピー機を使いたい場合は、レンタルを利用するのも有効な方法です。

◆契約期間途中での返却ができる

コピー機を一旦導入したものの、その後会社の規模が縮小するなどの理由で、コピー機が必要なくなるというケースがあります。このようなケースでの、レンタル契約・リース契約を比較してみましょう。

まずコピー機のリース契約の場合、先にも述べましたが、契約期間中の解約は基本的にできません。これを「解約不能(ノンキャンセラブル)」といいます。リース会社が顧客の希望するコピー機を購入し、顧客はその料金を契約期間中に分割して支払う形ですから、全額支払わなければリース会社は損害が発生するのです。

一方、レンタルの場合はあくまでレンタル会社が所有するコピー機に対する賃貸借契約ですから、比較的容易に途中解約ができます。その意味では、リースよりレンタルのほうが身軽でメリットの大きい契約だと言えるでしょう。

◆利用料は経費処理が可能

最後は、リース・レンタルに共通した特徴で、コピー機を購入した場合と比較してのメリットとなります。

レンタルやリースでコピー機を導入した場合、その費用はすべて経費として損金処理することが可能です。一括購入した場合のような、減価償却や固定資産税、保険料などの事務処理が必要なくなります。

もっとも、これが節税や経費節減につながるかどうかは他の様々や要素を比較検討する必要がありますが、少なくとも事務作業の効率化は可能です。