パナソニックの複合機の特徴

パナソニックの複合機を簡単に!無料で比較できる一括見積もりサイト複合機の達人

ご希望の機能や性能などわずか2分の入力で、あなたにピッタリのコピー機を見つけることが出来ます。

一括見積もり依頼(リース・販売)

複合機の導入に関して、リース料や保守費用がどの程度かかるのかは、皆様にとってもっとも気になるところだと思います。
しかし複合機の製品価格や保守費用などどのくらいかかるのか見当がつきにくいOA機器のひとつです。

複合機の本体価格は高額ですし、毎月かかる保守費用も使用頻度によって価格が変わります。
貴社が納得してご利用いただくためにも複数の会社から見積もりをとって比較検討することが有効になるはずです。

複合機の達人は複数の優良企業へわずか2分で一括見積もり依頼が行えるサービスです。もちろん無料で依頼が可能です。

パナソニック(Panasonic)複合機の特徴

パナソニック複合機(コピー機)の特徴を解説!

パナソニックの特徴はやはり高品質な点にあると思いますが、それだけではありません。省エネにも力を入れています。
複合機の電力消費の7割が実は定着に使用されています。具体的にいうとトナーという色のついた粉を紙につけて印刷されるのですが、トナーは紙の上に載っているに過ぎないので、仮にこのままの状態で印刷されたとすると擦れば簡単に剥がれていまいます。
よって、このトナーを紙にこすりつけて定着させる必要があるのですが、ローラーを紙に強く押し当てて、熱と圧力でトナーを紙に貼り付かせるので、この過程で電力を多く使います。

そこでパナソニックの定着に使われているのがIHの技術です。
IHはクッキングヒーターなどでお馴染みのコイルに電気を流すことで発生する磁力によって隣接するものを発熱させる技術です。

また、この技術を使うことで、世界最速15秒のウォームアップを実現しました。
複合機を普段から使用している方なら経験があると思いますが、パソコンで印刷ボタンを押して複合機の前に行ってみると、ウォームアップ中でしばらく複合機の前で待たされた経験があると思います。
パナソニックの複合機は15秒ほどで1枚目が出力されますので忙しいビジネスシーンでの煩わしさを取り除きます。

複合機メーカー選びでお困りでしたらぜひパナソニックの複合機を検討してみてください。

パナソニックのLASER

LASERの特徴を解説

パナソニック[LASER]シリーズは、小規模事務所向けの複合機として、小型でかつ使い勝手の良さで定評があります。
例えば、「KX-MB2081N」は、コピー、プリンター、スキャナー、FAX、電話機能を集約し、これ1台でオフィス機能に必要な要素を満たしています。
プリント速度は、モノクロで毎分24枚の高速プリントを誇る高性能です。

低価格に設定されており、同じ性能の機器をそれぞれ購入すると3~5倍ほどの価格になります。
機能集約のメリットが分かるモデルです。

これ以上の機能と性能を求めるのであれば、さらに上位機種の[KX-MC6280N]があります。
こちらは本格的なオフィス事務にも対応できる高性能機種であり、印刷結果を事前に確認できる液晶ディスプレーや電子文書化機能、多彩なカラープリント機能など、一層充実した内容を誇ります。

ワードやエクセル、パワーポイントなど異なったデータ形式のファイルをパソコン上で一つのファイルとして結合して出力することもできます。
またパソコンを使わずSDカードなどから直接プリントすることもできます。

オフィスでコンパクトなスペースで使用でき、低価格で充実した機能を求める方には、パナソニック[LASER]はおすすめのシリーズです。

本記事は、2013年07月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用してください。
こちらで掲載している情報は保証をいたしかねます。ご購入前には必ず販売会社またはメーカーにご確認下さい。