リース複合機を比較

リース複合機(コピー機)を簡単に!無料で比較できる一括見積もりサイト複合機の達人

ご希望の機能や性能などわずか2分の入力で、あなたにピッタリのコピー機を見つけることが出来ます。

リース複合機(リースコピー機)を比較

リース複合機(リースコピー機)を一括見積もりで比較できる複合機の達人

複合機(コピー機)の導入方法として日本で最も多く利用されているのがリース契約です。

複合機の達人ではリース契約での複合機(コピー機)の一括見積もりはもちろん、レンタルや中古などの一括購入も含めて一括見積もり依頼することが可能な比較サイトです。

ご希望の性能や導入台数などをご記入いただくだけでわずか2分程度でリース契約に対応できる複数の複合機(コピー機)販売会社へ見積もり依頼を行うことが可能です。

あとは待っているだけ!
見積額や提案された機種の性能など各社の内容を比較して貴社のオフィス環境に合った最適な1台をお探しいただけます。

もちろん一括見積もりは何度ご利用いただいても無料です。

ご利用の流れ

わずか3ステップで格安コピーを導入。

流れ

中古複合機(コピー機)取扱い企業多数登録

全国各地の取扱い企業が登録されています。

一括見積もり依頼(リース・販売)
  • 一括見積もり依頼(リース・販売)
  • 一括見積もり依頼(レンタル)

コピー機(複合機)をリース契約する8つのメリット

初期費用を抑えることができる

コピー機(複合機)を購入する際には初期費用が多くかかります。しかし、リース契約ではこの初期費用をリース会社が代行することになり、コストを削減することができます。
購入する場合と比較すると、リース契約ではコピー機(複合機)の導入の際の初期費用を抑えられるというメリットがあります。

事務管理に手間がかからない

コピー機(複合機)を購入する場合、購入者が固定資産税や減価償却費などの様々なコストを負担することになります。一方、リース契約ではコピー機(複合機)の所有権がリース会社にあるため、固定資産税や減価償却費などのコストは全てリース会社が負担することになるので、固定資産台帳の作成や償却事務などを会社が行う必要はありません。
このようなことから、リース契約は購入する場合と比較して、固定資産税や減価償却費に関連した事務管理の手間を省くことができるというメリットが生まれます。

費用の把握と償却の開始時期の柔軟な設定が可能になる

コピー機(複合機)を購入すると、減価償却における費用配分として、耐用年数に応じて費用計上されます。定率法による減価償却の場合だと、償却を開始した初めの期間は多くの費用が計上され、年数を経て費用が少なくなります。
一方、コピー機(複合機)のリース契約の場合は、リース期間にわたり定額での償却となります。購入する場合と比較すると費用が一定になるため、損益を把握しやすいというメリットがあります。

法定耐用年数を考慮しない契約期間を設定することができる

リース契約では、コピー機(複合機)に定められている法定耐用年数を考慮せずに契約できるということもメリットの一つです。コピー機(複合機)の耐用年数は5年ですが、リース契約だと3年から6年の契約期間の設定が可能です。
また、コピー機(複合機)を購入する場合には、法定耐用年数までは固定資産税を払わなければなりませんが、リース契約の場合は法定耐用年数を考慮せず契約期間が終われば機器を返却するだけで済むので、購入の場合と比較して手間が少なくなります。

最新の機器に容易に入れ替えることができる

社員の増加など、同じ機器を長年使い続けると現在のオフィス環境に性能が追いつかなくなるなどの不都合が生じます。またコピー機(複合機)は車と同様精密機械になりますので長く使用している故障などのトラブルが増えてきます。修繕が多くなってしまうと、コピー機(複合機)に多くの時間を割かなければならなくなります。また、新たな機器に頻繁に買い替えると、非常にコストがかかってしまいます。
一方、リース契約では短い契約期間を設定することができ、新たなリース契約の際に新たな機器に入れ替えることが可能になります。
このように、リース契約の場合は購入する場合と比較すると、一定の期間で新たな機器に容易に入れ替えることができるというメリットがあります。

レンタルよりも月額費用が安くなる

レンタル契約は一般的に短期契約になり、中途解約もできますが、その分月額費用が高めになります。一方で、リース契約にすると、月額費用はレンタル契約と比較すると安くなります。
リース契約は、リース会社がコピー機(複合機)を新規に購入し、それを会社が借りる契約になりますが、コピー機(複合機)のリースの料金を全て支払わない限り、中途解約はできません。しかし、リース会社としてはレンタル契約の場合よりも安全性があるため、料金を安く設定することができるので、レンタルよりも月額費用が安いというメリットになります。

借入枠の温存や適切な時期の設備投資が可能になる

リース契約は原則として担保が不要になるため、銀行との借入枠を温存したまま設備資金を調達することができ、借入と同じ効果を得ることができます。つまり、銀行に対する借入枠を使わずに、購入する場合と同じようなコピー機(複合機)の使用ができるということになります。
また、リース契約は借入と比較すると迅速な契約手続きができるため、タイミングを遅らせずにコピー機(複合機)への設備投資ができるようになります。
このように、借入枠を温存したまま適切なタイミングで設備投資ができるというメリットがあります。

動産総合保険によって補償される

リース契約には、万が一の場合に備えて動産総合保険がついています。これにより、火災や盗難、落雷などの偶発的な事故によって損害が生じた場合、その損害のほぼ全てが補償されることになります。
また、リース会社によってその補償対象は異なりますが、一般的な保険期間はリース期間が終了するまでになります。
これらの保険内容は、コピー機(複合機)の購入やレンタル契約の場合と比較すると充実した内容といえます。この点も、コピー機(複合機)のリース契約のメリットとなります。