リース・レンタルの違いを比較

複合機を購入する際、必ず悩むのがリースにするのかまたはレンタルにするのか?

このページではリースとレンタルの違いについてご説明しています。

リースもレンタルも複合機の賃貸借という点においては同じです。

リースは、指定した機種をリース会社に購入して頂き、それをリース会社から一定期間借り受けます。
レンタルは、レンタル会社がすでに所有している複合機をレンタル会社から一定期間借り受けます。

リースのメリット・デメリット

使用頻度(印刷枚数)の多い方におすすめです。

 ・ご希望の機種を新品で選べる

 ・リース料は経費として処理する事ができる。

 ・原則途中解約ができないため、機種を変えたくても変えられない。

 ・リース会社の審査を通らないと契約できない。

 ・保守料は別途必要

 ・契約が終わるまでは原則、解約できない。

 ・契約期間が長い(一般的に5年前後)

レンタルのメリット・デメリット

使用頻度の少ない方向け

 ・契約期間が短い(レンタル業者によって異なるが最短で数日から可能)

 ・初期費用がかかる場合がある。(レンタル業者によって異なります)

 ・保守費用はレンタル料に含まれる場合が多い

 ・レンタル会社が所有している機種の中からしか選べない。

 ・新品ではなく中古の場合が多い

 ・リースよりも使用料が割高

※ここに掲載されている内容はあくまでも一般的な内容です。契約前に必ずご確認ください。