複合機の基礎知識

複合機の導入前に知っておくと便利な複合機の基本知識を公開しています。

リースやレンタルの違いや、新品と中古の違いなど複合機を選ぶ際に便利な情報から、複合機の意外と知らない便利な機能まで様々なことを無料で公開しています。

カウンター保守とは

メンテナンス料金の仕組み

複合機をリースした場合の保守契約の一つとして、カウンター保守契約というものがあります。
カウンター方式、トータルサービス契約などと呼ぶ場合もあります。

カウンター保守契約は複合機でプリントをするごとに一枚あたりいくらという契約時に決められた料金が加算されます。
多くは白黒のプリントの場合は一枚あたり数円程度、カラープリントの場合は一枚あたり数十円です。
また、このカウンター保守契約には原則として基本料金が存在します。

なぜリースしているのに一枚あたりいくらという料金がかかるのかと不満に思うかもしれませんが、これは感光体(ドラムともいわれます)が消耗品であるために、印刷した枚数に応じて保守の必要が大きくなる、という発想からきています。
感光体も消耗すれば交換するので、その分の料金を枚数に応じて支払っているイメージです。

そこで基本料金+印刷した枚数分の料金をカウントしたものがトータルのメンテナンス料金となります。
このメンテナンス契約には半年に一度程度の定期点検と、故障時のメンテナンス料金が含まれます。トナー料金は契約先によって含まれる場合もありますし、含まれない場合もありますので契約する際には確認したい重要なポイントです。

基本料金がかかるため、一般的に月に500~1000枚以上のプリントをする場合にこのカウンター保守契約を選びます。この枚数程度を印刷するのであれば、契約しておけば安心できますし、多くのリース会社がこの方式のメンテナンス料金システムを取り入れています。

知って得する複合機の基礎知識

わかりにくい複合機の関する知識をわかりやすく解説

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用してください。
ご購入前には必ず販売会社またはメーカーにご確認下さい。