ブラザー工業の複合機の特徴

ブラザーの複合機を簡単に!無料で比較できる一括見積もりサイト複合機の達人

ご希望の機能や性能などわずか2分の入力で、あなたにピッタリのコピー機を見つけることが出来ます。

一括見積もり依頼(リース・販売)

複合機を購入する際にどこに頼めばいいのかわからないという方も多いと思います

複合機の達人は全国の複合機取扱い会社から無料で見積もりがとれるサービスです。ご利用していただいたお客様の中には販売会社によって数十万円以上の差がでたなどの声をいただいております。

ただ安い販売会社を選ぶだけでなく、取扱いメーカーや対応できる保守エリアも異なりますのでじっくり比較してみてください。

ブラザーの複合機はじめゼロックスやキャノンなどさまざまなメーカーに対応しています。

ブラザー工業(brother)複合機の特徴

ブラザー工業複合機(コピー機)の特徴を解説!

ブラザー工業は名古屋にある電機メーカーで、主に複合機やファクシミリ、ミシンなどを製造している会社です。ブラザー製のミシンなどは国内でも有名ですが、実は売り上げの約9割が海外であるというのがブラザーの特徴でもあります。特にアメリカやヨーロッパでは有名で、ブランド力があります。たとえばアメリカのSOHO向け複合機やファックスでは売り上げナンバー1を誇ります。

ブラザー工業は優れた独自技術があり、いくつかの特定分野においては世界シェア第1位を占めるものも少なくありません。たとえばキーボードです。1991年に開発した「コアラ」というキーボードはノートPCのキーボードとして世界で始めて採用され、今では世界標準仕様になっています。かつてタイプライターで世界シェア第一位を占めていた実力が、キーボードの分野でもそのまま活かされているわけです。またファックスの分野でも圧倒的な強さを誇ります。NTTと共同でファクスを開発したのは1987年のことでしたが、アメリカでは7年連続売り上げ第一位に輝いています。さらにファックス機能を持たせたプリンターを開発し、海外はもとより国内でも高い評価を得ています。

ブラザー工業を使うメリットはやはり優れた技術力を享受できることにあると思います。アメリカでは売り上げ7年連続で第一位を獲得したのはやはり伊達ではありません。特にファックス付き複合機はお勧めで、国内でもシェア第1位に輝いています。

シャア1位の理由はやはりユーザーから支持にあります。
ブラザーのホームページを見て頂ければ掲載されていますが、

  • ブラザーの複合機に変えてから紙詰まりによるトラブル・不安から解消された。
  • 大量出力の際のスピードに満足している
  • AirPrint機能でiPhoneやiPadからでも簡単に出力できようになった
  • インクの目詰まりが少なく、クリーニングなどの面倒な手間が減った
  • 低価格でコンパクトなのに必要な機能がすべて揃っている
  • 複合機の設定は面倒という常識を覆されました/li>

最適な一台を導入したい方はブラザーの複合機を導入してはいかがですか?

ブラザー工業のJUSTIO

JUSTIOの特徴を解説

ブラザー工業[JUSTIO]は、同メーカーの中でも最上位に位置する複合機のシリーズで、ADFを装備していることや、A3サイズでの両面印刷が可能になる事、スキャンについても両面同時スキャンが可能な事などが多くの会社で必要としている複合機の機能をほとんど備えた複合機です

上位モデルなどの場合は、3年間無償保証があります。
3年間無償保証は、購入後1年間の無償保証期間が終了しても、オンラインユーザー登録を行う事で、その後2年間の無償保証を延長となっていますので、万が一の故障にも安心できます。

ラインナップによっては最大A3サイズまでの自動両面プリントを実現し、オフィスだけでなくPOPやチラシなど印刷にも対応しています。
また、優先でも無線でもLAN接続を可能にしているので、どんなオフィス環境にも対応しています。またネットワークにも対応しているため複数人でも同時に利用することもできます。

操作画面には3.3インチのワイドビューカラー液晶を採用し、インクジェットプリンターにもかかわらず2段トレイで最大500枚の用紙をセット可能。最大35枚までの連続コピーやスキャナーも可能です。

コンパクトな設計で卓上使用することが可能です。

ブラザー工業のMyMio

MyMioの特徴を解説

ブラザー工業[MyMio]は、インクジェット方式のプリンター複合機であり、子機を付けているモデルやビジネスに対応可能なA3サイズ出力のモデルなどのラインナップになっています。
また、ブラザー工業[MyMio]は現在別のPRIVIOに変更されていますが、ブランド名が変更されても、サポートは以前のように行ってもらえます。

パソコンから直接ファックスの送受信を可能にしているモデルもあり、プリントコストを削減可能としています。
ファックスは、原稿を読み取りデータを作成して相手に送りますので、その原稿の紙も節約可能です。
また、ファックスは、相手からデータが届けられると、それを印字しますので、パソコンの中で送受信を行えば、紙の節約に繋がります。

小型ながらも、スキャナーやコピー、プリンターそしてファックスを備えているブラザー工業[MyMio]は、大規模オフィスの中だけではなく、小規模オフィスでも利用可能な複合機と言えるのです。
シリーズ上位機種でも、約4万円と言う低価格であり、低価格でありながらも、高性能の複合機と言えます。

35ミリの大型ヘッドは、このメーカー独自に開発されたもので、大きなヘッドが鮮明な写真を再現します。
また、高速移動を行う事が可能となりますので、印刷に掛かる時間も早くなっています。
A4サイズのカラー印刷では1分間あたりで18枚、A4サイズのモノクロ印刷では1分間あたり20枚となり、高速印字が可能です。

ブラザー工業のPRIVIO

PRIVIOの特徴を解説

ブラザー工業[PRIVIO]は、インクジェット方式のプリンターや複合機のシリーズの総称となります。
ブラザー工業[PRIVIO]は、コードレス電話などの子機付きモデル、ビジネスにも対応可能な、A3サイズ出力が出来る複合機などのラインアップが有ります。

このシリーズは全てインクジェット方式ですので、インクの交換を行う事で利用可能となります。レーザープリンターのようなコストが掛かりません。
複合機と呼ばれるものには、コピー機能、プリンター機能、スキャナー機能、そしてFAX機能の4つを備えるという特徴があり、ブラザー工業[PRIVIO]のラインナップについても、これらの4つの機能を備えるモデルが有ります。

また、全機種共通しているといわれる4色の独立型インクを採用し、パソコンからの印刷、コピー、文書をスキャナーで読み込み、それをパソコンに取り込む機能、そして接続方式はUSBとなっていますので、最近のパソコンであれば接続が可能となります。

また、モデルによっては無線LAN接続を可能にしている機種もあり、パソコンとプリンター本体が離れている場所に置いてあっても、印刷やスキャナー機能を利用する事が可能になるのです。
無線LANはケーブルを必要としませんので、設置場所を選ばないというメリットが有ります。
また、事務所の中でそれぞれのパソコンから1台のプリンターへの出力を可能にしてくれるのも大きな魅力といえます。

本記事は、2013年07月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用してください。
こちらで掲載している情報は保証をいたしかねます。ご購入前には必ず販売会社またはメーカーにご確認下さい。