東京都・埼玉・神奈川・千葉・大阪・名古屋・福岡エリアの複合機販売会社様を追加

  • リース・レンタル・販売で対応しています
  • ご利用の流れ

複合機(リース・レンタル)を比較

「全国にたくさんある複合機(コピー機)販売会社からいくつか候補を選び、それぞれ個別に見積もり依頼を出す。」

複合機を探す時はこういった面倒な作業が必要となってきます。

それを全て解決するのが「複合機の達人」!

リース、レンタル、新品販売、中古販売を取り扱う全国の複合機取扱会社を一括でお見積り。

どの会社が一番安いのか、必要な情報を入力するだけで比較ができます。

しかも費用は無料!かかる時間は最短で2分。24時間いつでも受付しております。

数ある複合機メーカーも指定して見積もりがとれるので、予算に応じて最適な複合機を提案致します。

新品のリースはもちろん、ご予算が厳しい場合はや中古販売、レンタルも指定することができます。

届いたお見積書を比較して、最適な一台を見つけてください。

毎月多くのお客様にご利用いただいております。見積もり依頼実績はこちらから

当サイトの特徴とご利用の流れ

わずか2分で比較&一括見積もり

無料で価格で比較

リース料金をはじめ、カウンター料金などの保守費用も合わせて比較できます。もちろん何度でも無料で比較できます。

契約方法で比較

リースやレンタルなどご希望の導入方法で比較できます。また新品以外にも中古でも見積もり依頼が行えます。

メーカーで比較

ご希望のメーカーに絞って比較することもできます。メーカーにこだわらず格安の複合機で探すこともできます

お客様が希望する複合機(コピー機)のタイプ、ご予算などを記入し「見積もり依頼ボタン」をクリック!!

各業者の見積もりの中から費用、サービス等を比較してご希望に合った業者をチョイス!相場もわかるのでよく確認。

ご希望の業者に依頼すれば完了!業者とよく段取りをして、納品日などを決めましょう。

全国の複合機(コピー機)取扱い企業多数登録|リースだけでなくレンタルにも対応

東京・大阪・名古屋・千葉・埼玉・神奈川・福岡など全国各地の複合機取扱い企業が登録されています。

複合機取扱い企業一覧

リースで見積もり依頼

こんな悩みがありませんか?

リース契約や中古複合機選びなど様々なコピー機選びを解決します。

激安リース・カウンター料金で複合機を導入したい。

リース料金や保守費用としてのカウンター料金。
毎月かかるランニングコストを削減しつつ、新しい複合機を導入したい方へ

カウンター料金を見直して1円でも安く購入したい。

今の保守会社が高いと思っている、見直ししたいけど・・・。
業者によって安くなるかもしれません。
格安業者を探すなら

知って得する複合機の基礎知識

わかりにくい複合機の関する知識をわかりやすく解説

複合機(コピー機)を選ぶ3つのポイント

新会社の設立や、支社の立ち上げ、老朽化や、リース切れなどで複合機(コピー機)の導入が必要となった時、どこに依頼すればいいかと多くの方が悩んでいるかと思います。よく比較検討の対象になるのが、どの調達方法にするか、どのメーカーにするか、どういった機種にするか、どういう機能が必要か、また、ランニングコストはいくらか、など、です。複合機(コピー機)選びをスムーズに行えるように比較するポイントをご紹介します。

複合機(コピー機)の調達方法のメリットを比較

複合機(コピー機)の調達方法には、主に3つの方法があります。それは、1, リース、2, レンタル、3,中古機購入の3種です。それぞれの調達方法のメリットを比較すると以下の通りです。

1, リース:リースは使用頻度が多い方や、5年前後と比較的長期的に使用する方にお勧めです。また所有権がリース会社にあるため、リース料金を全額経費に計上でき減価償却が不要となります。そのため、固定資産税

の支払いも不要になります。また、リース会社に毎月リース料金支払う代わりに初回の導入費用を0円にすることができます。

2, レンタル:レンタルはレンタル期間を決められるので、使用期間を比較的柔軟に決めることができます。また、メンテナンスはレンタル会社が行ってくれるので、短期的な使用を検討している方にはこちらがお勧めです。レンタルはリースと比較すると審査が厳しくないため、設立したばかりの会社でも比較的容易に導入することができます。

3, 中古購入:中古購入は中古品を比較的安く入手できますので、予算を抑えたい方にお勧めです。また、中古購入は、ランニングコストも安く抑えられるため、全体的に安く導入できます。

複合機(コピー機)を選ぶときにはまずご予算とこの3種類の方法を比較してどの方法で調達するかをポイントに比較してみてください。

各メーカーの機種ごとのスペックを比較

複合機(コピー機)メーカーには、ブラザー、キヤノン、エプソン、コニカミノルタ、京セラ、ムラテック、OKIデータ、パナソニック、リコー、シャープ、東芝テック、富士ゼロックスと数多くのメーカーがあります。それぞれのメーカーの機種ごとのスペックを比較することも重要です。

複合機(コピー機)本体の価格は、基本的にコピーの速度により左右されます。上位モデルになればコピーできる枚数も格段に増えますが、月々500枚程度しかコピーしない会社にはこのような上位モデルの複合機(コピー機)は必要ありません。下位モデルだとランニングコストも安く抑えられますが、逆に大きなオフィスでは性能的に物足りない場合があります。会社に合った規模の複合機(コピー機)を比較して導入してください。

技術力の高いサービスエンジニアのいる業者を選ぶ

複合機(コピー機)は比較的消耗品が多く、定期的なパーツ交換が必須となるため、メンテナンス技術の高い業者を選びましょう。

複合機(コピー機)が故障して使えなくなってしまった場合には、見積もりや請求書など大切な書類がコピーできなかったり、注文のFAXが届かなかったりと、大切な取引先をお待たせすることになってしまいます。このような一刻も早い復旧が必要となったとき、迅速に駆けつけてくれる業者を選んでください。また、複合機(コピー機)は精密機器であり消耗品や駆動個所も多いので、長期間の使用に伴い徐々に不具合が出てきて故障につながります。故障を未然に防ぐために定期メンテナンスが必要になりますので、メンテナンス技術がしっかりしており、迅速な対応ができる業者を選んでください。

故障はいつ起こるかわかりません。突然の故障でもすぐに対応してくれる、アフターケアのしっかりした業者を選びましょう。